地方に住むって、こういう感じ

都会と地方の違いを、あーだこーだ言うブログ

「読む・聴く・書く」の、私の人生

★月曜日だけど、本日通常回。オールナイトニッポンの感想は、明日の予定です。★



気づけば子供の頃から読書が好きで、どんなに忙しくても何かしらいつも読んでいる本がある状態でこれまでの人生をやっている。


私の場合、字を読む事が大好きみたいで、説明文を読んだりするのも好きで、子供の頃からスーパーやドラッグストアで商品の裏に書かれている説明文を読むことも好き。
でも私の場合、ほとんどの文章を読んだ端から忘れてしまうので、読んだって意味ないよなぁと思いつつも、読む行為が辞められない。


とはいえ、本を読むと頭が良くなるとか言われているからきっと脳が鍛えられているのだろうし、いつも読みたい本が溢れているので生きていて楽しいし、今なんて図書館でたくさん本を借りるから完全に税金の元を取っているので、きっと読んでいて良いことばかりなんだと思って読んでいる。
何よりも、読むことが好きだから。
速読できるわけではないし、ただの趣味なので、好きなペースでゆっくりと読んでいる。


例えば週に2冊の本を読むとすると、私の場合はたぶん6時間くらいの時間が本を読む時間。
週に6時間✕4週=24時間なので、1か月に24時間を読書に費やしていることになる。
1か月のうち、まる1日分を私は読書という行為に使っている。
読んだことをほとんど忘れてしまうのだから、それって、実はもったいないのでは?と思ったりすることも。


生きていると、「いやーほんと、私って、字を読むのが苦手でぇ」みたいな人に出会うこともあって、あらまぁ読書ってあんなにも楽しいのに残念な方だなぁ。
と思う反面、その人たちを羨ましいなと思ったりもする。
だって、週に6時間、どこかに出かけたり、誰かと喋ったり、食べたりできるってことなのだから。
そういうわけで、本を読まない人生に憧れたりもする。


しかも私の場合なんて、毎週、ラジオ「オールナイトニッポン」を2番組(=4時間)必ず聴き、更には今なんて週5でブログも書いていて、なかなかの時間を費やしている。
これら、「読む・聴く・書く」の行為をしなくても全然平気な人が世の中にはたくさんいる中で、私は全部をやりたい人間。


休日は予定も入れずにのんびりしてます、とか言ったって、私には常に、聴くべきラジオがあり、返却すべき本があり、書くべきブログがある。
でもそれって本当は、ただただ自分が聴きたいラジオ、読みたい本、書きたいブログな訳で、別にやらなくてもいいものだということはわかっている。知っている。


私の場合、これをやらなければ気持ちが悪いので、やっている。
何度でも書くけれど、私は、やりたいから、やっている。


でも、ふとした時に、やっぱり思うのだ。
「読む・聴く・書く」をしなくても大丈夫な人は時間がたくさんあっていいなぁって。
時間も心も自由そうでいいなぁって。


きっと私は、「飲む・打つ・買う」の人よりめんどくさい奴。
まわりみでしたー。


【予告】
明日こそは、オールナイトニッポンの感想です。ナイナイ歌謡祭は視聴していないストロングスタイルで。お昼の12時更新です。



mawarimixx.hatenablog.com
mawarimixx.hatenablog.com


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

プライバシーポリシー お問い合わせ