地方に住むって、こういう感じ

20代を都会で過ごした女が、地方に戻ってひっそり幸せに暮らす様子。

「10年日記」をぜひ。あと3か月悩めます。

10月かぁ。今年もあと3か月。
せっかち気味な私はもうあと少しってなると、2021年よ、とっとと終わってしまえ!と思ったりする。
次の年に向けて、新しいカレンダーや手帳を買いたくなる。


でも日記帳は、買わない。
なぜなら私は「10年日記」をつけていて、2022年までのものを持っているから。


10年日記、やってみるとほんと面白いよー!
これは年を重ねると、どんどん面白くなるタイプのもの。
今、9年目なのだけれど、まさに今がかなり面白い時期なのではないかと思っている。
だって、8年前の同じ日の自分、7年前の同じ日の自分の字や言葉に日々アクセスできるって、すごくない?絶対面白いじゃん?


私が使っているものは、1ページに、ある日の10年分(10回分)の日記が書けるようになっている。
だから、1日に書く量は少ない。
だから続けられるし、後で読み返すのもそこまで恥ずかしくない。


そうなのです!何が良いって、書く量が少ないところ。
このブログみたいにネチネチ語ったり、ウダウダ書くっていう暇が、隙間が、無い。


何をしたか。
どこへ行ったか。
何を食べたか。
誰と会ったか。
何を読んだか。
何を買ったか。
何を申し込んだか。などなど。


そういうことを書けばノルマ達成。だから、書くことに悩まない。
習慣さえ身につけてしまえば、寝る前に気楽にすぐ書ける。まぁ、その習慣が難しいのかもしれないけれど。


「良かった」「楽しかった」「かなしかった」「つらかった」と、ちょっとした気持ちも書くけれど、ほんと、さっぱりしたもんです。
とはいえ、一言でも紙に気持ちを吐き出すっていうのは心にとって結構良いことだな、とも思っている。癒やされる。


あと、ページの1番上に、知人の誕生日を書いているのだけれど、そうすると、もう向こう9年は他の手帳などに人の誕生日を書かなくても良いし、覚えておかなくても良いので、すごく楽。
私は時々、ページを先へ先へとめくるようにしている。そうすると、「あと1週間で○○さんの誕生日だな」とわかる。
だから、おめでとうと忘れずに言える。祝える。喜ばれる。これは、ほんとおすすめ。
コスパ思考な言い方するけれど、少ない労力で、大きな喜びに変わる。


「3年日記」や「5年日記」もあるけれど、私は断然「10年日記」がおすすめ。
それは、3年目や5年目よりも確実に、今の9年目の方が面白いなと思っているから。
2年前のことや4年前のことって、まぁ何とか自分でも覚えているけれど、8年や9年も前の自分って、ほぼ覚えていないから。


だから9年目の今、日々日記を書きながら、あれがあったのって7年前なのかー。あれ買ったのは5年も前なのかー。なんて思いながら書いている。


そして結局思うのが、人って日々変わっているようで意外に変わらないなってこと。
結構、同じ時期に同じことをしていたり、同じことを思っていたり。
変わらないことを知る、というのもまた楽しい。


今年もあと3か月の今、ぜひこの「10年日記」をやってみる気持ち、固めてみてください。
来年が始まるまであと3か月、この10年日記の存在を頭の片隅に入れて、ぜひ悩んでみてください。
続けられたら、日記帳の値段が年に数百円なのに、大きな大きな楽しみがあなたを待っています!
こんなにコスパの高い遊び、なかなかないと思う。面白さは、自分次第。


私は何となく博文館新社のものを買ったけれど、10年日記と言えば「石原10年日記」らしいので2023年からはそっちでやりたい。
まわりみでしたー。


【予告】土日はお休み。
月曜日は、オールナイトニッポンの感想です。ぷっ。お昼の12時更新です。



mawarimixx.hatenablog.com
mawarimixx.hatenablog.com



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

プライバシーポリシー お問い合わせ