地方に住むって、こういう感じ

都会と地方の違いを、あーだこーだ。

派遣社員でいいんです、じゃなくて、派遣社員がいいんです

仕事にやりがいが欲しいとか、子供の頃からやり直したいとかいう人がいるけれど、私はもうまっぴらごめんです。
補助の仕事でいい。派遣社員でいい。派遣社員がいい。
さあ人生やり直しですよ、良かったね、とか言われたら、本気で泣く。号泣する。無気力になる。


20代であれこれやって、ここにいるから。これが合っていると思うから。これならずっと続けられる仕事だと思うから。さんざん大変なことや理不尽なことや苦しいことがあったから、もうこれがいいんです。
だって、続けられないことをやったって、辞めてしまうでしょ。
勿体ないとか言う人もいるし、物足りないんだろうなと思われているのだけろうけれど。
いえ、私はこれがいいのです。


始める前はこんなにも自分にフィットするとはわかっていなかった。物足りなくなって、すぐに辞めたくなるのかな。まぁその時はその時ですぐに辞めよう、と思って始めた派遣社員。
実際やってみたら、気軽なんだよねー。


自分が下の下ってわかっているから、下の下へ行ける。よく言えば縁の下の力持ち的な、悪く言えば尻拭い的なことも、全然進んでできる。だって私の与えられたやるべき仕事は早々に終わっていて、時間が余っているし。
この会社のやり方が変だと思っても、イライラしない。未来がなさそうでも何とも思わない。だって、私は部外者だから。


今、私の上司に当たる人との付き合いが長いこともあり、私のパソコンの知識をある程度把握してくれていて、時々私に適当なレベルのエクセルの小技が必要な仕事とかをふってくれるのもありがたい。私もそういうの楽しいし、向こうも助かるし。
結構上司が変わる部署もあるので、これは本当にラッキー。
今は当たりの職場。


都会でいくつかの仕事、働き方に就いてみたけれど、今のこの派遣社員という働き方が気づけば1番長く続いている。
それが全てを物語っていると思う。結果がすべて。


お給料の良い、自分の頭では全然興味の持てない、難しい分野の仕事に就いた。続かなかった。
好きなこと、かつやりがいのある、でも人間としての生活ができない忙しすぎる仕事に就いた。続かなかった。
子供の頃からひそかに憧れていた、興味のある仕事に就いた。実は自分には向いていなくて続かなかった。


他にも色々。言いたくないし、面白くもないから言わない過去。
20代でそういうことがあったから、長く続けられるっていうのが、とにかく1番大切だと思っている。


ストレスなく生きれば無理なく倹約生活を送れ、時間もでき、趣味に励めるので仕事外での人間関係が作れ、健康な心身にもなり、明るい未来が想像できる。
こんな感じでやっています。


都会での浪費経験を経たからこそのこの境地で、これ、いきなりは無理です。
まわりみ


mawarimixx.hatenablog.com
mawarimixx.hatenablog.com
mawarimixx.hatenablog.com


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

プライバシーポリシー お問い合わせ