地方に住むって、こういう感じ

都会と地方の違いを、あーだこーだ。

車の運転を55歳くらいで引退したい

海外の人は、仕事をリアイアした後のことばかり考えていると聞いたことがあるけれど、私の場合、車の運転をリタイアした後のことばかり考えている。


とにかく私は、人よりも車の運転に伴うリスクに対して、ものすごく警戒しているようだし、運転自体をストレスに感じているみたい。だから、早く車を手放したい。


今のところ、理想は55歳。でも現実問題として、車を手放しても年齢的にももういいだろう、というのは60歳位かなぁ、と思っている。


ざざざっと計算すると、中古の軽自動車の車両費と維持費とガソリン代は、年間15万円ほど。
この15万円を、55歳の私が安いと思うか、高いと思うか。そして、その時どんな生活をしているのか。それが問題。


どこでどんな仕事をしているのか。親の介護とかしているのか。食料品は今よりも、宅配文化が進んでいるのか。今の趣味はまだ続けているのか。電動自転車が乗れる体なのか。
色々な要素があるので、その時決めようかなーと、ぼんやり思っている。


超理想は、職場を歩いて20分以内の所にすること。つまり家から2キロ以内のところ。
そうすれば、普段は電動自転車で通い、雨降りの時は徒歩で。その生活ができれば、実現できると思うんだけどな。
地方在住とはいえ、私の場合は結構便利な場所に住んでいるので、買い物も徒歩圏内に複数スーパーやコンビニや病院があるので、日常生活では不足はなさそうだから。


ちょっと遠くのお店へ行きたい時は、申し訳ないけれど周りにお願いして連れて行ってもらうか、タクシーかなぁ。
レンタカーやカーシェアリングの状況って、その頃はどうなっているんだろう。でもそもそも、私は車を持つことよりも運転が嫌いなわけで、時々する慣れない運転って、1番私が嫌いなやつじゃないか…。うん、こっちは却下だな。


などと、15年とか20年も先のことを、ちんたら考えている私。その時になってみないとわからないとはわかっていても、想像するのが結構楽しい。
仕事に関してはそんなことを考えないので、私は働くことはそんなに嫌いじゃないみたい。ただし、無理のない範囲で、という条件付きでだけれど。


車の運転の引退のことはすごく考えるけれど、仕事の引退のことはあまり考えない。
という事実から、私は将来も細々と何かしら仕事のようなものをするのが苦ではないのだな、とわかる。
いくら考えたって将来の車の引退の時期はわからないけれど、自分の働くことへの感じ方がわかるので、この面倒くさい性格は時々役立つ。面倒くさい性格で、良かった。


そういう私みたいなのに限って、意外にずーっと運転し続けてたりするかもね。
まわりみ



mawarimixx.hatenablog.com
mawarimixx.hatenablog.com

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

プライバシーポリシー お問い合わせ