地方に住むって、こういう感じ

都会と地方の違いを、あーだこーだ。

徒歩3分のコンビニへも車で

地方に住む方々が、自分ってバカだなー、無駄だよなー、と思いつつもやりがちな行動。それは、徒歩の方が早い場合もある距離でも車で移動すること。


例えば、徒歩3分のコンビニへ、3〜6分かけて車で行く。
なぜ3〜6分と幅があるか言うと、車の場合、場合によっては乗降りや信号待ちでもたつく時間があり、その時によって違うから。
あと、出発地と目的地の直線距離が近ければ近い程、場所によっては移動距離が長くなることもあるから。


でも私は言いたい。みんな全然バカじゃないよ!賢いよ!と。
車で近くの場所へ行くって、すごく面倒。なのにわざわざ車で行くなんて、凄いなぁと思う。小馬鹿にしつつではなくて、本気で思っているし、尊敬する。
まるでそれが自分の手足のように、自然に車に乗っている人たち。それが地方人。


地方に住み、自分で車を運転するようになって思うのは、車に乗って目的地へ行くのって、徒歩移動よりも頭を使うなぁということ。
目的地が直線距離では近いのに、向かいの通り沿いにあるばかりに、大回りをしなければならない時が結構ある。そういう場合、車線変更もしなければならないことが殆どで、かなり面倒。


最初から車で移動することが当たり前の人にとっては、それが普通のことかもしれないけれど、私にとってはかなり苦痛。だから私は、暑くても寒くても徒歩で行く。
でも、車の運転に慣れていると、最初から何の抵抗もないみたい。ほんとに凄い。


あまり行かない離れた場所に行く時、出発前に私は色々考えてから車を動かす。
出発したら、まず真っ先にできる時に車線変更しておいて右折して、その後は真ん中に車線変更する。そうすると車線が三又に分かれる。そのまま自分は真ん中の道を進めば目的地だ。などなど。


そしてその後は、「よし、今日も私、運転頑張ろう!無事着きますように!停めやすい駐車場空いてますように!」とちょっとした気合いを入れ、祈る。
嘘でも何でもなく、車でたった20分程の場所へ行くだけなのに、心に大きな負担が…。
まぁ、私の場合は大袈裟だし、慣れなさすぎだとも思うけれども。


徒歩と電車移動の場合、場所と場所を、直線で結べば良かった。
それに対して車移動の場合、道の過程を考えなければいけなくて、その一手間が私にはすごく面倒くさい。
ナビがあっても、アドバイスされる細かな車線変更が面倒だし、大回りさせられると何だか損した気分になるし、時々突拍子のない道を案内されたりもするし。


徒歩と電車移動の場合、先ずは目的地の近くまで行く→目の前に信号がある→渡る→到着。っていう、シンプルさだったんだけどなぁ。
なのに今は、行きと帰りの道が別なことがあったりと、何だか複雑に。
考えすぎなのかもしれないけれど、考えなければもっと複雑になることもあるしなぁ。
生きるって難しい。


車で出発する前に心で色々祈ってるなんて、恥ずかしくて誰にも言えません。
まわりみ




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 移住生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
地方に住むって、こういう感じ - にほんブログ村

プライバシーポリシー お問い合わせ